スタッド工法|Stud Method

パイルスタッド工法

パイルスタッド工法

杭体の性能を最大限に生かした設計・施工が可能な、しかも施工に伴う建設副産物を大幅に削減し、短工期の施工が行える杭頭接合技術パイルスタッド工法が開発されました。 パイルスタッド工法とは、杭頭端部鋼板に接合用鉄筋としてパイルスタッド鉄筋(KSW490)をスタッド溶接する工法です。

詳細を見る

SC杭パイルスタッド工法

SC杭パイルスタッド工法

SC杭パイルスタッド工法(GBRC 性能証明 第12-19号)は、杭径より一回り大きな端板(拡幅端板)を取り付けているSC杭にパイルスタッド鉄筋を溶接する杭頭接合法で、2012年に日本建築総合試験所の建設技術性能証明を取得しました。
SC杭の杭頭接合法として一般的なフレア溶接工法と比べて溶接時間が短く作業工数を削減でき、杭体へのダメージも少ない工法です。

詳細を見る

SWスタッド工法

SWスタッド工法

SWスタッド工法は、SWスタッドを梁や柱の鉄骨部材に直接スタッド溶接で固定し、これに壁筋を定着させ、耐震壁を造成する方法です。

詳細を見る

ベースアンカースタッド工法

ベースアンカースタッド工法

コンクリートを打設した基礎に鉄骨柱を立てる時に、アンカーボルトの位置ずれ補正作業を省き、上部鉄骨建方精度の向上と作業の迅速化・工期の短縮・アンカーボルト修正に伴う耐力低下の回避などを実現する工法です。

詳細を見る

鋼管矢板NSWスタッド工法

鋼管矢板NSWスタッド工法

NSWスタッド工法は、「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編」の「頂版と鋼管矢板との結合部」における「鉄筋スタッド方式」です。

本工法は、溶接性に優れたNSW異形鉄筋スタッドを、鋼製部材(鋼管矢板・鋼板等)に直接溶接する工法で、モニタリングシステムや専用のフェルール(アークシールド)を用いて、品質の向上と低コスト化・工期短縮を同時に実現します。

詳細を見る

ACS工法

ACS工法

通常のアークスタッド方式では、溶接部径の太径化対応に限界がありますが、本工法を用いることによって、アークスタッド方式で限界であった溶接部径以上の太径においても溶接が可能となりました。

詳細を見る

あらゆる分野のスタッド溶接の設計から開発・販売・施工までお気軽にご相談ください。

HOME > 工法

PageTOP