会社案内 Company Infomation

環境への取り組み

基本理念

日本スタッドウェルディング株式会社は、「創造、誠実、協調」の社是の基に、「環境問題への取組みは、企業の存続に必須の要件である」ことを経営課題の一つとして位置づけ、全社員が地球環境保全のため積極的かつ継続的な改善に取り組む。

行動指針

1)自然環境への配慮

事業所活動にあたっては、地球環境の保全に配慮し、汚染の予防に努めることはもちろん、顧客ニーズにもとづく環境改善に寄与する製品の開発、供給に努める。

2)環境法令・規制の順守

事業所活動にあたっては、 環境に関する関連諸法令並びに自主規制等を順守する。

3)資源・エネルギーの効率的利用

資源及びエネルギーの効率的な利用及び再利用、並びに資源保護に努める。

4)環境マネジメントシステムの確立と継続的改善

この「環境方針」に基づき、環境目的及び目標を設定し、環境保全活動を通じて定期的にその見直しを行い、環境マネジメントシステムを確立し、継続的改善を目指す。

5)環境方針の周知と公表

この「環境方針」は、全社員に通知し、社外に対しても公表する。

2012年8月29日

日本スタッドウェルディング株式会社
代表取締役社長

三好 榮二

適用範囲

会社の名称 日本スタッドウェルディング株式会社
地理的範囲
滋賀事業所
滋賀県東近江市五個荘小幡町474番地
本社総務部
神奈川県川崎市川崎区小田1丁目2番6号
東京支社
神奈川県川崎市川崎区小田1丁目2番6号
中部支社
愛知県安城市北山崎町柳原13番地1
大阪営業所
大阪府吹田市江坂町5丁目13番4号
中国営業所
広島県広島市中区横川町3丁目12番10号(村上ビル)
人的範囲 役員、従業員、当社で働く全ての人。
事業活動範囲 スタッド、フェルール、樹脂クリップとスタッド溶接装置のエンジニアリング、製造、検査と販売。
製品に含まれる有害物質の調査と対応

製品に含まれる有害物質の調査と対応

6価クロムなどの有害物質の使用中止しました。
RoHS指令対応への取組みをしています。

プラント用機器(ボイラー)へのスタッド溶接工法適用による環境保全

プラント用機器(ボイラー)への
スタッド溶接工法適用による環境保全

梱包材の廃棄量調査と廃棄量の削減

梱包材の廃棄量調査と廃棄量の削減

社内で使用する部品の梱包のビニールを廃止しました。
出荷時の梱包材も、有害物質を排出しない自然由来のものを使用しています。


木枠廃材の削減

木枠廃材の削減

木枠梱包からトライウォールに変更し、軽量化と梱包作業の短縮にもつながりました。

コピー回数とコピー紙の節約

コピー回数とコピー紙の節約
(取扱説明書のCD-ROM化)

取扱説明書などの配布資料の部数を削減し、CD-ROMでの配布にご協力をお願いしています。

事務用品のグリーン購入の促進

事務用品のグリーン購入の促進


分別回収・再資源化

分別回収・再資源化

金属屑、紙・ダンボール、ビニール・プラスチックなど、定められたルールに基づいて、分別回収を行っています。
回収後はそれぞれの処理業者様に、再資源化・最終処理を依頼しています。

植樹活動

デマンド制御による使用電力削減

事業所全体の電力使用量をリアルタイムで監視しています。
設定した使用量を越えそうな場合は、空調設備の出力を自動調整して事業所全体で常に一定の電力量を超過しないように制御しています。

電子帳票

電子帳票

電子帳票保存法に対応した電子帳票システムを導入することにより、法令で保管を義務付けられている大量の帳票類も、紙で出力することなく電子データとして保管することができ、省スペース化にもつながりました。


グループウェアによるワークフローの有効活用

グループウェアによる
ワークフローの有効活用

ワークフロー化することで紙を削減し、情報の共有化と処理のスピードアップを推進しています。

ペーパーレスFAX

ペーパーレスFAX

文書管理システムの導入により、受信したFAXはプリントアウトせずに、各部署ごとのフォルダに配布できるようになりました。PCで作成したドキュメントも、プリントアウトせずに直接FAX送信することにより、資源節約に貢献しています。

ペーパーレスFAX

植樹活動

緑化活動に取り組んでおり、桜・くちなし・金木犀など植樹や、事務所でも鉢植の観葉植物を育てています。

HOME > 会社案内 > 環境への取り組み

PageTOP